1:ID:yACawZ · 6日前

大人になって、実家を離れてから、コミュニケーション不全の家庭環境で育ったことを何度も思い知る。
両親も色々あった中で、何とか育ててくれたのだろうけど、不機嫌なときに八つ当たりされたり、怒鳴られたり、わざと大きな音を立てられたり。
無言、もしくは母が誰かを責め立てる時間がほとんどだった。
あからさまな虐待はなかったけど、自分の好きなことを否定されたり、苦手なことを取り上げて、バカにされたりしてきたせいか、ずっと自分に自信が持てない。
いま何よりしんどいのは、人間嫌いなこと、人間は汚い、みたいなことを小さな頃から吹き込まれ続けていたこと。
こんな生きづらい人間になってしまったのに、家族や周りの人を悲しませないために何とか生きてる。
本当は誰にも迷惑をかけずに死にたい。

2 件のコメント

2:ID:4DgUUD · 6日前

同じ事考えてました。
自分には価値が無くて、空っぽ。
家族関係悪くていつも人間関係が緊迫した中、私がいつもダメな子ってなってた。

最低な人生。

辛かったですね。
気づけた事はそこから抜け出した事。
自分の人生、どう生きるかも自分次第。
一生懸命、生き抜いてやりましょう

3:ID: · 6日前

Re:2
私も、自分自身をダメな子って責めることで、
なんとか気持ちのバランスを保ってました。
いま考えたら、これって精神的な自傷ですね。。

コメントもらえて少し気持ちが落ち着きました。
ありがとうございます。


あと文字
ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

一緒に読まれているつぶやき

ページ上部に戻る