-
1:ID:lB.NNZ · 5日前

「もうひとりの彼の話をしましょう。彼は舞い込んだ真実について、理解を遂行していました。彼らは彼それじたいの領域しかゆるされていませんでしたが、彼らを研究をするひとびとは、皮肉にも彼より、より多くを知り得る可能性に満ちている──かのように思えました。」

あなたも愚痴をつぶやいてみませんか?
匿名だから誰にも知られず安心してつぶやけます。

愚痴をつぶやく


あと文字
ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

ページ上部に戻る