-
1:ID:cT36B/ · 2020-02-15

ライブで愚痴ってる人ですが、長くなりそうなので下げます

4 件のコメント

2:ID: · 2020-02-15

恋人のランジェをきっかけにボーカロイドを知って、リンネで衝撃を受けて、マトリョシカが出されてループ再生するようになった頃にはもう大好きだった。
恋人のランジェは、すごく繊細で不安定な精密機械のようで、まさに嫋やかだった。リンネはぐちゃぐちゃとした感情や現実が鋭い言葉で語られて、殴るような音でしっかりと固められた要塞のようだった。マトリョシカは、本人も「ネタのつもりだった」と言っていたけど、本当に今度こそ人が変わったと思うくらい奇抜で、賑やかで、中毒になるような曲だった。
1曲知るごとに、彼の中でも全く違う側面を見せられているような気がして、いつのまにか夢中にハチの曲を聴きあさってた。何を言っているのか全く分からない文字列、どこの国のものとも知れない不思議な言葉、絶妙なところに挟まる不協和音、全て彼にしか創れない唯一無二の最高の世界だと思った。
今でもそう思う。彼の曲は全てが新しい。らしさはあると思うけど、発想力の尽きない天才だと思う。

3:ID: · 2020-02-15

ボーカロイドの頃からハチは人気で、でもめちゃくちゃ愛想が悪くて説明とかも「どうもハチです。」しか書かないような、今とはちょっと違う意味で掴めない人だった。あまりに内に籠もっていたから、きっと自分のことは曲でしか表現しないのだろうと思った。
遊園市街を聴いた時はびっくりしたなぁ…そもそも男の人だと思わなかったから。恋人のランジェを作った人が男???って感じだった。
ゴーゴー幽霊船を出して暫くは、ボカロpとしての彼を支持する声が強くて、「ニコカラがない」とか「ボカロ版は?」とか言われてたよな。

4:ID: · 2020-02-15

だから、ワンマンライブやるって聴いた時はほんっとにびっくりしたよね…。「聴いてくれる人と向き合いたい」って言ったんだもの、あの“ハチ”が。
最初の箱は小さすぎて、「これじゃ来たくても来れない人がたくさん出てしまう」って言われたらしいけど、その時は「ちゃんと順序を踏んでいきたいからこれでいい」って答えたんだって。もう、どうしたの。最高すぎる。だから絶対最初のライブは行きたかった。一番行きたかった。まあ行けなかったけどね。

5:ID: · 2020-02-15

愚痴っていうかもうただの思い出話だわ。好きなんだよ本当に。私の人生の一部なんだよ。彼無くして私は生きてなかった。冗談抜きで彼の創るものに救われた。

コメントの受付は終了しました。

一緒に読まれているつぶやき

ページ上部に戻る